青汁と言えばキューサイ!

「まずい!もう一杯!」のCMが懐かしいキューサイの青汁を飲んでいました。冷凍品なので担当のオジサンが自転車で配達に来て、お金を引き換えに商品を受け渡します。味は少しの甘味もなく、繊維感もたっぷり、苦みもあっていかにも効きそうです。一人暮らしで結婚するまで続けました。

 

商品にはとても満足してましたが、お値段がかなり高い(当時のわたしにとっては)ことと、冷凍品であるために不在だと受け取れないこと、お金と引き換えなので手持ちがないときに待っててもらって下ろしに行ったりなどこまごまとしたことがとても面倒に感じました。

 

単品ではかなり苦みがあるので、そのままでは飲むことは少なかったです。おすすめは「ヤクルト」と合わせること。甘味が加わってとても飲みやすくなります。現在はキューサイの青汁にははちみつが入った子どもでも飲みやすいものが販売されているようです。

 

そして家で一人で飲むとなんとなく敬遠してしまって飲まずにたまってしまうこともありました。そこで職場に持っていくお弁当の保冷剤代わりに冷凍青汁を包み、ランチ時間になったら自然に解凍されたものとヤクルトを割って飲みます。

 

職場の仲間も有名なキューサイの青汁ということで興味シンシン美容や健康の意識の高い、女性の職場だったので何人かは紹介で注文した人もいましたが、苦くて飲めないという人もいました。

 

青汁を飲見続けていたら両頬にできていたニキビの赤い跡が薄くなって綺麗になっていきました。あと便通が整ってきて胃腸の不調からも解放されたように思います。おそらく乳酸菌なども入っていたのかもしれません。そのほかコラリッチなど化粧品もキューサイでは売っていたので、時々購入していました。今はキューサイではありませんが青汁は愛飲しています。野菜が苦手なのでわたしには欠かせない飲み物です。