専業主婦の私にとって、家計の管理というのはとても責任のあるものです。しかし、どうしてもやりくりができない月もあり、その際にはクジレットカードのキャッシング枠を利用しています。夫にはそのことを伝えていません。夫に任されているのに関わらず、自分自身の出来の悪さを伝えることに抵抗があり、隠れて借入をしているのです。ほとんど翌月には返済できているので、特に問題は感じていません。キャッシングと聞くと、「借金でしょ」という人がいますが、計画的に返済するならとても便利なものだと思います。消費者金融からの借入であれば、利息が高くついてしまいますが、クレジットカードのキャッシング枠ならそこまでの負担を感じません...
皆さん、映画は好きですか。映画館に観に行ったりはしますか。私は映画が大好きで、何といっても、自分が主役になれるところが魅力です。主役と言っても、出演しているわけではありません。映画を観ていると自然に物語に入り込んでしまう状態です。映画ファンであれば、この状態というか、感覚が理解していただけると思いますが、いかがでしょうか。しかし、反対にそれ程興味のない人から見れば、「何を言っていることやら。」と言うような感じでしょう。私の家族はまさしくその通りで、映画ばかり観ている私を冷たい視線でみています。私の映画好きは、小学時代から始まりました。春休みや、夏休み、冬休みに必ず上映される「○○まんが祭り」や...
はい、できます。債務整理は本人自ら手続きを踏むことが可能です。しかし事案によっては複雑な法律が絡んでいたり、何度も貸金業者とコンタクトを取らなければなりません。それらを自分で遂行するためには、大変な労力と時間が必要になってきます。また任意整理や過払い金の請求であれば、相手はプロの業者になるため、こちらが有利になる条件で合意されることが少なくなります。そのため、代理人である弁護士を立てることで円滑な交渉が行え、なおかつスムーズな解決へと導いてくれます。弁護士に依頼した時点で、借金の取り立てが停止します。そういったメリットも含まれます。官報には法律や政令の制定または改正の情報や、破産・相続等の裁判...
皆さんが物心つく前の1番幼いころの幼児記憶はなんですか?人によって、ハイハイしていた頃の記憶があるよ、なんて人もいるみたいですが、私の場合は幼稚園に入る前後の4歳くらいの記憶が、生まれてから1番小さいときの記憶だと思います。しかし正確な時期が特定できていない記憶が2種類あり、どっちが人生最初の記憶になるのか判別できません。1つは、内装が全体的に緑っぽい手術室のような歯医者さんに置き去りにされて、初老の男性の先生に叱りつけられながら、無理矢理虫歯治療をされたという記憶です。はっきり言って、あまりの恐怖に脳に記憶が焼き付いてしまったような記憶だと思います。もう一つの記憶は、マンションの外廊下のよう...

yuuna8390のはてなブックマーク